花粉症の治療

花粉症との闘い

 毎年、春先の2月から3月まではスギ花粉、その後5月までのヒノキ花粉の飛散時期は、いわゆる花粉症の方にとっては辛い季節となります。
院長自身が大学生の頃からひどい花粉症だったため、自分の辛さを軽減するために試行錯誤したうえで、これがベストである、という治療を提供しております。
花粉症は今や国民病ともいわれ、民間療法も含め多数の治療法がありますが、特に目の症状でお困りの方は、是非当院へ受診ください。
餅は餅屋で、目の症状はしっかりと抑え、ご満足いただける治療を提供できるものと自負しております。

 

当院における花粉症対策

当院における花粉症対策を一言で表すと“多重防御”となります。花粉症はアレルギー疾患です。
もともとは、外敵から身を守る免疫システムが不適切に、過剰に反応してしまっている状態ですから、単一の薬剤や方法でそのシステムを抑え込むことには無理があります。
当院では、以下の“防御線”を多重に用意することで、目の症状を大幅に緩和させ、皆様が快適に過ごしていただけるように努力しております。

 

花粉症に対する多重防御

当院では、上図のように、五重の防御線を念頭に入れ、患者様の症状に応じて、各防御線に相応しい方法をご提供しています。
近年では、就学前の幼児の花粉症も珍しくなく、子供には子供向けの治療を大人向けとは別に用意しております。
それぞれの治療をどう組み合わせるかは、オーダーメイドになりますので、是非ご相談ください。