当院の理念・ポリシー

当院の診療理念

理念を支える3つのS

平成22年4月ときわ台駅前に開院するまで、東京大学医学部附属病院を中心に、数々の病気を診察・治療し、また手術は、白内障手術、硝子体手術等を多数手がけてきました。そのような経験の中で、3時間待ちの3分診療と言われる大病院のデメリットをなくし、常に最高の治療を、患者様の満足を得られるように、しっかりと提供できないだろうか、と常々考えてきました。その想いを形にしたのが、当院です。

眼の事なら、“ときわ台村中眼科に任せれば大丈夫”納得していただけるクリニックを目指しております。

様々な年代の多様な病気に対して適切な治療を、町のクリニックというフットワークの軽さを生かし、皆様に提供する。待ち時間や通院時間も皆様の大事なコストと考え、それらを減らすように努力する。最先端の治療が必要な患者様には、大学病院で得た人脈を生かして適切な病院へご紹介する。これら全てをきっちりと行い、眼のことなら、 “ときわ台村中眼科に任せれば大丈夫” と皆様に納得していただけるクリニックを目指しております。眼でお悩みの患者様、現在お受けになっている治療や今後の治療に不安のある患者様など、お気軽に当院にご相談ください。たとえ当院で治療困難と判断した場合でも、我々の知りうる最も適切な他施設をご紹介し、最終的にあなたさまの、もしくはあなたさまの最も大切なお方の眼をお守りできるよう最大限の努力をいたします。

Speciality 高い専門性
医療の進歩は日進月歩です。眼科領域でもつい十年前には不治の病だったものが、今では互角に戦えるようになった疾患は少なくありません。日々進歩する眼科医療の最新知識を絶えず取り入れ、目の前の患者様に還元する。その為に、日々の努力を怠らず、診断治療により有効な器械の導入は積極的にすすめる。これら不断の努力の積み重ねこそが“Speciality”を支える根幹だと思っています。
 当院では、東京大学医学部附属病院の黄斑外来と抗VEGF薬の硝子体注射治療において提携し、緊密に連絡を取り合い、大学病院並みの治療が提供できる体制と整えています。また、難しい疾患で、他の医師の診察や助言が必要な場合、東京大学眼科医局の諸先生方等、その疾患や症状に最も適した医師を紹介するように心がけ、患者様が絶えずベストの治療にアクセスできるようにしております。
Satisfaction 満足いただける医療
医療における、満足とはなんであろう。これは、駆け出しの新米医師だったころから、ずっと頭の片隅にあって考えてきた命題の一つです。医療ですから、当然、診断から治療までを確実に行うこと、これは必要条件でありますが、十分条件ではありません。前述の“高い専門性”を磨き、しっかりとした医療を提供する。それを土台として、眼のことなら何でも相談でき、何でも解決できるようなクリニックでありたい、と思っています。喩えるなら、皆様の眼の有能な秘書、もしくはコンシェルジュといったところでしょうか。皆様の“こうしてほしい、ああしてほしい。”を高い次元で解決し提供できるように日々クリニックをバージョンアップしながら、当院を運営しています。
 また、当院では、直接的に治療とは関係ない分野でも患者様に満足いただけるように、不定期ではありますが、クリニック内で公開講座を開き、いろいろな疾患についての講演を行っています。また、未来の日本を担う子供達に、眼科の事を知ってもらう為に、2015年夏から、日本アルコン、および原っぱ大学とコラボレートし、子供達が豚の眼の解剖や手術を体験できるフィールドワークの講師を務め、次世代の育成を通し、社会貢献に努め、ひいては多くの患者様に満足していただけるように頑張っています。
Simplicity 分かりやすい説明
“病院に行けば、病気を治療してくれる”というのは、間違いではありません。しかし、私はこれでは不十分だと考えています。高い専門性を持った医師に治療してもらう、という受身の姿勢ではなく、病気について患者様自身が知り、医師とともに共闘してゆく姿勢こそが、より良い治療成績につながると実感しています。病気と闘うには、知識が必要です。しかし、多くの患者様は、眼の為だけに生活をしているわけではなく、眼の病気を理解するのに多くの時間を割くことが出来ないのが現実だと思います。そこで、当院では、必要十分な知識を、患者様に分かりやすく、かつ納得いただけるよう、医師が見ている検査データと同じ画面を患者様側からも見えるように設置し、画像をお見せしながら、視覚的にご納得していただける体制を取っております。分からない事があれば、何でも、何度でもお聞きください。知識を共有し、一緒に闘っていきましょう。