眼病平癒・開眼巡礼

村中院長の眼病平癒・開眼巡礼TOP

目に関する事なら何でも知りたい!

  まだ私(村中)が駆出しだった頃、立派な眼科医になりたいと思い必死に目の解剖や生理、眼病の成因や治療法など、先輩医師に教えを請うなり、教科書や学会で勉強するなりしていました。まだその頃は、学ぶべき事や身につけるべき技術は有限個数で、いつか十分に知り得た、という日が来るものだと思っていました。しかし、不思議なことに、もし有限個数なら知れば知るほど残量が減ってくる(少なくともそう感じる)はずなのですが、一向に減らない。減らないばかりか、知れば知るほど、自分がまだ知らないことが無数にあることが分かるし、手術などの手技が上達すればするほど、100点満点の基準が上昇し、いつまで経っても100点満点に到達しない。夢の中で、喉の渇きを癒すために、水を飲んでも飲んでも満足できない、でも、飲むことを止められない、それと同じ感覚で、眼に関することなら何でも知りたい!という渇望感は今でも癒えることなく続いています。

眼の病気を治したい!

  当然、眼科医として、眼病を治したい、と強く願っています。しかし、現実には、現代科学は進歩したといえ、まだまだ、治せない病気はいくらでもあります。今まで治せなかった病気が治せるようになっても、また違った問題が生じてくる・・・。これを喩えていうと、ゴールに向けて一生懸命にマラソンをしているのに、目前のゴールはどんどん先に移動してしまう、そのような感じでしょうか。このような感覚に陥ると、人智を超えた何かでなければ、ゴールまでの距離を埋められないのではないか、なんて考えたりします。決して特定の宗教や神様を信じるというのではなく、人事を尽くして天命を待つ、といった感覚に近い気がします。

ちょっと変わった目の辞典を作りたい!

  “目に関する事なら何でも知りたい” “眼の病気を治したい” このように目のことばかり考えている私としては、世の中にある“目”にまつわる様々なことを集めてみたい、と思っています。そして目の事を網羅的に、というより、私の興味の赴くまま、目にまつわることをいろいろと調べ、眼のプロフェッショナルとして解説する。今回、そのような場を作るにあたり、タイトルを“眼病平癒・開眼巡礼”としました。ちょっとこじつけなところもありますが、“眼病平癒を願い、眼が見開かれるような場所や物に出会いたい!”という想いをこめて名付けました。ある病気を知りたいなら、教科書のインデックスを見てその項目を調べれば事足りますが、このページは、皆様が読んだ後に少しでも“目って奥深いな”とか、“目って不思議で面白いな”といった感覚をもってもらえればと思います。

眼病平癒・開眼巡礼記のカテゴリー

準備中です。2017年6月公開予定!!

眼の辞典-index(索引)